医療法人支援

医療法人支援

医療法人経営者の強力なパートナー

医療法人設立の目的は、経営の多角化や財務基盤の強化など多岐にわたります。

こうしたクライアントごとに異なる事情や状況を勘案し、設立に向けたサポートを行います。

設立のメリットやデメリットを丁寧に説明し、社会保険加入時のシミュレーションも行うなど、医療法人設立に関するトータルサポートが可能です。

さらに医療法人設立後には「財務コンサルタントサービス」を提供することにより、「お金の残る」経営を実現することができます。

お問い合わせはこちら

経営の多角化

将来的に複数のクリニックや有料老人ホーム、デイサービスなど関連の介護施設を立ち上げたいと考えている方は、医療法人の設立が必要となるケースがあります。
双方のメリットやデメリットをお伝えし、経営者にとって納得のできる判断ができるようにサポートいたします。

財務基盤の強化

所得がある程度高い場合は、医療法人化によって節税できる可能性があります。
この他、生命保険料や役員退職金等、経費にできるお金が増えることもメリットとして考えられます。
「財務のスペシャリスト」として、医療法人設立にかかる財務面からのアドバイスやサポートをタイムリーに行います。

採用力の向上

医療法人設立によって健康保険や厚生年金の加入が義務となります。
一人診療所等ではなく複数スタッフでのクリニック運営を行っている場合などでは、健康保険・厚生年金の加入によってスタッフの福利厚生面での待遇が強化され、「良質な人材」の確保に繋がることが期待されます。
こうした手続きに関しても専門家の知見に基づくアドバイスを提供できる他、必要に応じて社会保険労務士や税理士、司法書士等、他士業のご紹介も可能です。

医療法人経営者にとっての総合窓口として

医療法人設立の際には届出書類や申請書類が煩雑になりがちです。

当事務所では、医療法人の設立を目指す事業者のサポート全般を行います。

また、法人設立による節税効果や経営の多角化など想定されるメリットやデメリットを事前に予測し、適切なアドバイスをすることも可能です。

医療法人設立や運営支援のプロフェッショナルである当事務所を、経営の良きパートナーとしてご活用ください。

医療法人特化型の「財務コンサルタントサービス」で「お金の残る」経営を実現

医療法人は一般的な法人とは運営・財務面で異なる部分があります。

当事務所においては、法人設立の際の各種届出書類作成や官公庁への手続き代行などを始めとする業務の他、医療法人に特化した「財務コンサルタントサービス」も提供しています。

具体的には、医療法人の決算書類や各種計算書類をお預かりしてその問題点を指摘し、「お金が残る」財務体質づくりをサポートすることが可能です。

「利益は出ているけれど、お金が残らない」

「銀行から借り入れをしやすい財務基盤を作りたい」

とお考えの方は、是非一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP